茨城県助産師会
私たちは公益社団法人日本助産師会を母体にもつ、助産師の専門職能団体です。
茨城県助産師会子育て・女性健康支援センター

子育て・女性健康支援センター事業内容

子育て・女性健康支援センターのご案内

助産師が育児中のお母さんのサポートを中心に、思春期から更年期に至るまで
女性のライフサイクル全般への支援を行っていまので、一緒に子育てを楽しみましょう!

■事業内容一覧

助産師なんでも電話相談

ひとりで抱え込まずに、助産師に話してみませんか?

・妊娠・出産のこと

・育児や母乳のこと

・子育てに関する不安

・女性の健康についてなど  助産師が相談に応じます。

助産師なんでも電話相談・電話番号(029-219-5001)

※祝祭日、お盆(8/13~8/15)、年末年始(12/29~1/3)を除く
※相談は無料ですが、通話料がかかります。
留守電にて、当日担当者の番号をお知らせいたします。あらためておかけ直しください。

ベビーマッサージ ベビーマッサージ教室の様子

純植物性オイルを使用したお子様の全身マッサージと交流会です。

毎回いろいろな手遊びやリラックス法などをご紹介します。

対象:生後2ヶ月~7ヶ月未満のお子様とお母様で

4回とも参加可能な方。

※受講には予約が必要となります。

  事務局に開催5日前までにお電話ください。

茨城県助産師会事務局

029-219-7823(電話対応  月・水・金  8時半~15時)

→日程・詳細はこちら (ブログ「ひばり通信」に掲載しています)

いのちの教育
いのちの教育の様子

〜 助産師が行う  いのちの教育 〜

助産師は、英語で MIDWIFE — 女性に寄り添うという意味があります。

いのちの誕生を赤ちゃんと女性に寄り添い支える私達から、生まれてくることの感動を子供達に伝えると、生まれてきたことを肯定的にとらえるようになります。

一緒に話を聞いた保護者の方にとっては、子育ての原点にもどり、改めていのちや子育てを見つめなおす機会となります。

二次的性徴のお話では、メカニズムのみを伝えるのではなく、日常生活の基本にもふれながら自分の身体の大切さや、向き合い方も身につきます。

いのちの誕生にずっと寄り添い、女性の専門家である助産師だからこそ、あたたかいメッセージが伝えることができると思っています。小中高校生以外にも、幼稚園や保育園・子育てサークルなど性やいのちをキーワードにした講演を行うこともできますので、ご相談ください。

主催者の方と一緒に場を作ることを大切にしています。

私たち助産師と一緒に、いのちの教育を通じていのちの温かさを届けていけたら嬉しいです。

いのちの教育の様子

~ 依頼から講演までの流れ ~

ご依頼希望日の遅くとも、2か月前にはご連絡いただけると助かります。

1  茨城県助産師会事務局までご連絡ください。

    希望日時・学年・対象者人数など、お知らせください。

2  いのちの授業担当責任者から、依頼者様に連絡いたします。

3  いのちの授業担当講師が、打ち合わせに伺います。

講演料金  16,000円(打ち合わせ1回含む)    交通費別途

〜 受講した方からの感想 〜

*小学校

「自分が生まれてよかった。お母さんが、がんばって生んでくれていたことがはじめてしりました。」

*保護者

「うまれてきてくれた喜びをまたすごく近くに思いおこすことができて良かったです。スライドショーや子供とのふれあい、どれも泣きそうでした。」

*中・高校

「性とは生きるために大切なものだということが分かった。」

「自分の生まれた意味、これからの人生について深く考えられました。体験などで楽しく妊婦さんの気持ちなども分かり、とてもよかったです。」

「生きるということ、生きているということは、私たち自分自身にとって素晴らしいことだということが分かりました。日々の日常を大切にすること、それが大切だということが分かりました。自分自身の未来をこれからちゃんと考えていきたいです。」

line 国際助産師の日イベント

5月5日は国際助産師の日ということで、茨城県看護協会、モーハウスの皆さんとイベントを行っています。

line いいお産の日イベント

11月3日は「いいお産の日」で、県内各地でイベントを行っています。

pagetop